恵愛病院

埼玉県恵愛病院での妊娠中の検査・診察内容を一挙公開!

埼玉県の恵愛病院では、妊娠時期に合わせてさまざまな診察・検査を行います。

妊娠全期で行う診察・検査内容

  • 問診
    口頭での質問によって妊婦さんの体調や心身の状態を見ます。
  • 内診
    膣部を触診することによって、炎症やびらんの有無、子宮口の状態などを見ます。
  • 尿検査
    尿タンパク検査
    尿中のタンパクの量を見て、腎臓機能に異常がないかをチェックします。妊娠高血圧症候群の早期発見に欠かせない検査です。
    尿糖検査
    尿中の糖(尿中グルコース)が通常値以上に増加していないかを調べます。糖尿病の早期発見に役立つ検査です。
    ケトン体検査
    尿中にケトン体が検出される場合は、つわりの症状がひどく、栄養摂取不足などが心配され、入院治療が必要なこともあります。
  • 超音波検査
    出産予定日の修正や赤ちゃんの数(多胎)、心拍の有無、子宮外妊娠や婦人科疾患の合併の診断に必要です。赤ちゃんの発育や異常の有無、赤ちゃんの姿勢(胎位)、胎盤の位置や羊水の状態などを調べます。
  • 血圧測定
    妊娠中は胎盤に血液を送り込むためにからだ全体の血液量が増えます。妊娠中の高血圧は妊娠高血圧症候群の徴候のため、しっかり検査します。血圧が高めの方には、自宅での血圧測定もおすすめです。
  • 貧血検査
    貧血状態の有無確認。炎症性疾患や出血傾向がある場合の目安にもなります。鉄欠乏性貧血(妊婦さんに多い貧血)であれば、食事療法や鉄剤の投与などを行います。

妊娠前期で行う診察・検査内容

  • 血糖検査
    糖尿病の早期発見のために血糖値を調べます。高血糖状態で妊娠を継続した場合、母体にも胎児にも大きな影響を与えるため、大切な検査になります。
  • 血液型検査
    血液型の確定検査です。妊娠・分娩時の大量出血や緊急手術など輸血が必要な場合に備えて不可欠の検査です。また、赤ちゃんとお母さんの血液型不適合があるかどうかのチェックにも必要です。
  • 不規則性抗体検査
    赤ちゃんを新生児溶血性疾患から守り、必要時には輸血が安全に行えるよう不規則性抗体の有無を調べます。
  • B型肝炎ウイルス検査
    B型肝炎ウイルスに感染しているかどうかを調べます。お母さんが感染している場合、赤ちゃんに感染するおそれがあります。陽性の方は出生後に赤ちゃんに予防接種を行います。
  • C型肝炎ウイルス検査
    C型肝炎ウイルスに感染しているかどうかを調べます。感染している場合、肝機能障害を起こすことが多いので、内科診療をします。
  • エイズ検査
    お母さんがHIV(エイズ)の場合は、赤ちゃんに感染する確率が非常に高いといわれています。感染経路に関してはまだよく解明されておらず、子宮内感染、周産期感染、出産後感染のいずれも考えられるため、特別注意が必要です。
  • 風疹抗体検査
    妊娠初期に風疹にかかると、赤ちゃんが先天異常をきたすことがあります。
  • 麻疹抗体検査
    妊娠中または分娩前後に麻疹にかかると、流早産や赤ちゃんの重症感染症をきたすことがあります。
  • 水疱抗体検査
    妊娠初期または分娩前後に水疱にかかると、赤ちゃんが先天異常、重症感染症をきたすことがあります。※風疹・麻疹・水疱の抗体が陰性の方は、これらのウイルスに対して免疫がないことを意味します。今後の感染予防、また次回の妊娠に備えて、分娩後のワクチン接種をおすすめします。
  • 梅毒検査
    梅毒にかかっていても(陽性)、早期に治療すれば赤ちゃんへの影響はほとんどありません。
  • HTLV-1抗体検査
    白血病のウイルスがお母さんからの授乳で赤ちゃんに感染することがないよう調べます。
  • クラミジア抗原検査
    クラミジア感染症はセックスでうつる病気のひとつで、赤ちゃんに肺炎や結膜炎を起こす可能性があります。陽性の場合は夫婦での治療が必要です。
  • 細菌培養検査
    お母さんの膣内細菌の状況を調べる検査です。妊娠後期に膣内のGBSなどの細菌検査を行います。産道感染予防のために受けます。
  • 子宮頸がん検査
    子宮がんの検査です。妊娠中でも治療ができる場合もあるので、受けておきたい検査です。

妊娠15~18週で行う診察・検査内容

  • クアトロテスト
    お母さんの血液を調べて、赤ちゃんにダウン症などの可能性があるかどうかを調べる検査です。

妊娠16~18週で行う診察・検査内容

  • 羊水染色体検査
    羊水を摂取して、赤ちゃんに染色体異常がないかどうかを調べます。検査には流産などのリスクが伴うため、医師との慎重な相談が必要です。

妊娠34週~で行う診察・検査内容

  • 胎動カウント
    10カウントテストともいいます。自分で胎動を計測する検査です。

妊娠37週~で行う診察・検査内容

  • NST検査
    ノンストレステストです。横になり分娩監視装置を使って、赤ちゃんの心拍の状態や胎動、子宮収縮などを調べます。

本当に買って良かった!妊娠から出産後も使えるお役立ちグッツを大公開

パルシステム おためしセット

妊娠~産後の肌トラブルや便秘、むくみ、育児など、ママには常に悩みがつきもの。実際に私が妊娠・出産を経験して、「これは役に立った!」「産後も使っている!」というグッツを紹介します。マタニティライフを快適なものにする為に、産後の育児を楽しむ為に、参考にしていただけると嬉しいです。

-恵愛病院

© 2021 ハピマタ♡ライフ