子育て

産後の情緒不安定はうつの始まり?主な症状と原因を探ろう

私は産後間もなくの頃、急に涙が出たり、気持ちが下がってしまったりという事がありました。

症状は人それぞれですが、これは産後ママなら誰しもが起こりうる事です。
産後のママの精神状態はどういったものなのか、原因や症状を見ていきましょう。

「マタニティーブルー」は産後に起こる症状

「マタニティーブルー」は妊娠中に起こるものと思われがちですが、実は産後の症状です。(中には臨月など出産前に症状が出る人もいます。)

マタニティーブルーの主な原因は、ホルモンバランスの変化です。
出産で胎盤が排出されると、体内のホルモン量が急激に減少します。この変化に体がなじめず、情緒不安定になりやすくなるのです。

これは自然に起こる症状で、産後1〜2週間で平常の状態に戻るとされています。

旦那さんや周りの方は、ママの出産・育児疲れをフォローしつつ、優しく見守ってあげましょう。

症状が長く続いた場合は「産後うつ」の可能性

出産後数週間、数カ月たっても同じように情緒不安定な状態が続く場合は、「産後うつ」の可能性も考えられます。

原因は、マタニティーブルーと同様、ホルモンバランスや体調変化なども原因ではありますが、それ以上に、育児不安や必要以上のプレッシャーを感じてしまっていたり、周囲の協力が得られず育児の“孤独感”を感じていたり……といったことも大きく影響します。

産後うつの症状は赤ちゃんが産まれた1~3週間後に症状が現れるのが一般的ですが、数ヵ月後や1年後に発症する場合もあります。

産後うつはよく起こること

調査によると、7人に1人の割合で産後うつの症状を経験しているそうです。

主な 産後うつの症状は以下のとおりです。

[su_list icon="icon: check" icon_color="#FF69B4"]

  • 気分が落ち込む
  • 気分の浮き沈みが激しくなる
  • 突然泣いてしまう
  • 赤ちゃんを可愛いと感じない
  • パパを避けてしまう
  • 食欲がなくなる
  • 食べ過ぎてしまう
  • 寝付けなくなる
  • 眠りすぎてしまう
  • ひどく疲れて元気がなくなる
  • 以前は楽しんでいたものが楽しめなくなる
  • イライラしたり、すぐ怒ったりする
  • 良いママではないと不安になる
  • 無気力、羞恥心、罪悪感、自分に価値がないと思う感情に陥る
  • 集中力がなくなる
  • 物事への対応力が落ちる
  • 重度の不安に陥りとパニック発作が起きることがある
  • ママ自身や赤ちゃんを傷つけるような衝動に駆られる
  • 死や自殺について繰り返し考える

[/su_list]

産後うつはママの責任ではありません。残念なことに原因がよく判らないため、多くのママが罪悪感を感じたり、または自分を恥じたりしています。

自分の感情がはねつけられているとか、他人に批判されていると感じるママもいます。

治療を必要とする病気であることを忘れないでくださいね。

「誰かに頼る」事は悪いことじゃない!負担は共有しよう

ママ一人だけで育児はとても難しいです。初めての事ばかりで、ママも赤ちゃんもわからない事だらけです。

わからない・できない・不安・心配など、これらはママ一人で背負えるものではありません。

旦那さんや家族、友達、病院など、頼れる人にはとことん頼りましょう。

負担を共有することによって、ママの気持ちは軽くなります。
負担を共有することによって、ママの大変さを周りの人は知ることができます。

1人で苦しみに耐えるようなものではないのです。

本当に買って良かった!妊娠から出産後も使えるお役立ちグッツを大公開

パルシステム おためしセット

妊娠~産後の肌トラブルや便秘、むくみ、育児など、ママには常に悩みがつきもの。実際に私が妊娠・出産を経験して、「これは役に立った!」「産後も使っている!」というグッツを紹介します。マタニティライフを快適なものにする為に、産後の育児を楽しむ為に、参考にしていただけると嬉しいです。

-子育て

© 2021 ハピマタ♡ライフ