子育て

離乳食を食べなくて困る!赤ちゃんの時期別の解決方法を紹介します!

離乳食を食べないんだけど、どうすればいい?
〇ヵ月ごとに嫌がる理由があるから紹介するね!

離乳食の始め時はいつ頃?

一般的に離乳食の開始時期は、生後5~6カ月頃と言われています。

始めるにあたり、その他目安となるものが、

  • 首がすわっている
  • 大人が食べるものに興味を示す
  • スプーンの先を口に入れても押し返すことがない

これらも始める目安の一つとなります。
生後5~6カ月に必ず始めなくてはいけないわけではありません。

赤ちゃんの成長に合わせて開始時期を決めればOKです。

離乳食をあげる時間帯は?

離乳食 あげる量

初めて母乳やミルク以外のものを口にするので、何かあってもすぐ病院へ行けるよう、初めは午前中にあげましょう。

始めのころは、病院があいている時間帯に離乳食をあげてください。

〇ヵ月ごとに違う、離乳食の嫌がり方

【初めての離乳食】5~6ヵ月

始めたばかりの離乳食は、食べない事が多いです。

食べないから仕方ないというわけではありません。少しずつ練習する必要があります!

食べない理由

  • 初めての離乳食で嫌がる
  • においが(母乳・ミルク)と違うから戸惑う
  • スプーンの使い方が分からない
  • 母乳でお腹いっぱいで離乳食を食べれない

この頃の離乳食は、食べる練習だと思ってください。

赤ちゃんは上あごと舌を前後に動かして、離乳食をすりつぶして食べます。

よく「口から出す」から嫌がると思っている方もいますが、単純に食べ方が分からないだけの可能性も。
うまく飲み込む事が出来ないだけなので、何日も繰り返していると飲み込めるようになります。

あげようとすると泣くけど、なんで?

その場合は、まずは母乳やミルクをあげてみましょう。

その後、離乳食を上げてみて下さい。

それでも嫌がるなら、無理に食べさせる必要はありません。その時は母乳やミルクでお腹いっぱいにさせます。

せっかく作ったのに、と思わないでください。今は離乳食を食べる練習なのです。

7~8ヵ月の食べない理由と対策

少し離乳食にも慣れてきて、徐々に固形物に変える時期ですね。

食べない理由

  • みじん切りなどの固形物になり、戸惑ってる
  • 食べるより遊ぶ方に気を取られている

もし食べなければ一回裏ごしに戻してみると食べるようになります。

再度、徐々にみじん切りを混ぜていきましょう。

水溶き片栗粉で少しだけ”トロミ”を付けてあげると、食べる子もいます。
何をするにも徐々に慣れさせる。という事を意識しておきましょう。

9~11か月の食べない理由と対策

少しずつ好みが出てくる時期になります。

食べる量も毎回変わるので、食べ残したり、全部食べたりとバラバラになります。

食べない理由

  • 食べたい気分じゃない
  • 離乳食に好みが出てくる

この時期は、スプーンであげようとしても自分の手で掴んで食べようとします。

それは阻止しないでください。

自分で食べる意欲なので、汚れてしまいますが好きに食べさせてあげてください。

12ヵ月(1歳)の食べない理由と対策

1歳にもなれば、ほとんどの栄養を離乳食でとるようになります。

食べない理由としては、他の事に意識が行ってしまう事が多くあります。

  • テレビを見てて、食べない
  • スマホでYoutube見てるから、食べない
  • おもちゃで遊びたいから、食べない

このように他の事に夢中になってしまう時期でもあります。

その場合は、生活習慣を見直すといいです!

食べる時間をなるべく同じ時間にする。
そうすると空腹感が生まれ、「自分で食べたい」と思うようになります。

生活習慣を見直すだけで、色々な事を覚えさせることができます。

自分の好み、興味が出てくるのはいい事

赤ちゃんが離乳食を食べなくても怒らないであげてください。

1歳にもなればはっきりと好き嫌いが分かるようになり、自分の意思もしっかり持っています。

  • せっかく作ったのに食べない
  • おもちゃ・テレビに夢中
  • 好き嫌いがあって食べたがらない

「ね~食べてよー!食べないとダメ!」

怒って言ってしまいそうな言葉ですが、言わないでください。

「これおいしいね!(食べる振り)〇〇ちゃんも食べる?」など、言葉を変えて接してあげてください。

初めての離乳食(作成)

いろんな食材を知ってほしい。素材の味を楽しんでほしい。
そんな思いで食材ごとに手作りをしていました。

離乳食 初期

ゆでる、つぶす、裏ごし、冷凍保存・・

はじめは良かったのですが、だんだん食べれる食材が増えると、冷凍庫が離乳食ストックでいっぱいに!
娘も味の好みがあるので、嫌いな食材は余る一方。

離乳食 冷凍保存

1カ月以上たったストックは処分していました。

そこに追い打ちをかけるかのように、突然の離乳食拒否(泣)
今まで食べていたものもある日から口にしなくなりました。

そんな時、上記のように色々な事が原因で食べなくなっていました。

赤ちゃんによって答えが違うので、色々試してください。

ベビーフードに偏見を持っていた

手作りにこだわっていた理由は、ベビーフードには添加物などが入っていそう、といった私の勝手な偏見がありました。

あと、一度ベビーフードに頼ってしまうと、楽した気分になってしまうので、できるだけ手作りであげてみたかったのです。
しかし、娘は離乳食を拒否。でもいつまでもお休みしているわけにはいかない・・。

そこで初めて、ベビーフードについて調べることにしました。

離乳食に悩むママの救世主

離乳食に関する悩みは付きもののようで、同じような悩みを持つママがたくさんいることにちょっと安心をしました。

そんな中出会ったベビーフードがこちら

Mi+

インスタを中心に、ママ達に話題になっているらしく、さっそく「#ミタス」で検索(笑)
すると・・

めっちゃ美味しそうに食べてるストーリーが!!

うちの娘、こんな美味しそうな表情したことないなぁ、、

無添加の野菜を使ったペーストが、季節ごとに旬を取り入れて届くらしい。

ミタス ベビーフード
ミタス 離乳食

添加物を気にしていた私、ごめんなさいm(__)m

初回は980円で3種類の離乳食が届く!

百聞は一見に如かず。

初回は980円で送料無料だし、届く3種類の離乳食をすべて食べきらなかった場合、別の商品を無料で送ってくれるとの事なので申し込んでみる事にしました!

ミタスのレポートはまた今後更新していきます。

私と同じような悩みを持っているママ、
離乳食を休んでも、ベビーフードに頼っても、全然OK!!

子供は必ず成長します。
その為にはママの息抜きも絶対必要。

気楽に離乳食を楽しみましょう!

\6つの栄養素をカバー/

離乳食の悩みを解決!

※初回限定¥980(送料無料)

本当に買って良かった!妊娠から出産後も使えるお役立ちグッツを大公開

パルシステム おためしセット

妊娠~産後の肌トラブルや便秘、むくみ、育児など、ママには常に悩みがつきもの。実際に私が妊娠・出産を経験して、「これは役に立った!」「産後も使っている!」というグッツを紹介します。マタニティライフを快適なものにする為に、産後の育児を楽しむ為に、参考にしていただけると嬉しいです。

-子育て

© 2021 ハピマタ♡ライフ