子育て

退院後、赤ちゃんはどこに寝かせればいいの?場所と注意するところは?

 

お昼寝と就寝場所はどこで何に寝かせればいいの?
オススメの寝かす場所と寝具の説明をします!

赤ちゃんのお昼寝は、どこでどんな寝具を使うべき?

オススメ

場所:リビング
寝具:ベビー布団

使う期間短いからベビー布団買うのもったいない…
大人用の布団だと危険な理由があります。

ベビー布団は、素材や機能など、赤ちゃんが快適に寝れるように設計されています。

赤ちゃんは、背骨や筋肉が安定していないので、布団の硬さが重要になります。
大人用の布団はベビー布団より柔らかく、赤ちゃんの身体が沈んで、骨格が曲がって成長してしまう事も。

注意ポイント

柔らかいのには、もう一つ危険ポイントがあります。

大人用の布団だと、赤ちゃんは埋もれてしまい、窒息してしまう可能性が高いです。

かけ布団も危険です。大人では気にならない重さですが、赤ちゃんの顔にかかると払いのける事が出来ず窒息します。

ベビー布団はそのような事故が起こらないように設計されています。

リビングでお昼寝がいい理由は、目の届くところに赤ちゃんを寝かせる事。

赤ちゃんは自分で何かする事は出来ませんので、ママが見守っててあげましょう。

夜、赤ちゃんはどの場所で、どんな寝具を使うべき?

オススメ

場所:寝室
寝具:ベビーベッドorベビー布団

パパママがベッドなら、ベビーベッドがオススメ
ベッドの隣(下)にベビー布団を引くと、落ちた時や移動したときに踏んでしまう事故が起きます。
パパママがベッドなら、赤ちゃんもベッドにしましょう。

パパママが布団なら、ベビー布団がオススメ
そばで寝かせる事で、赤ちゃんの様子がすぐ見れて授乳もしやすく安心です。

ベビーベッド・布団は絶対に買っておくべき

赤ちゃんの為に、作られたベッドと布団です。
寝るのが仕事の赤ちゃんは、一日15~20時間も寝ます。

私たちが長時間座る椅子や、ベッドはこだわって決めてませんか?
赤ちゃんも同じで、長時間寝るので選ぶのは大切です。

本当に買って良かった!妊娠から出産後も使えるお役立ちグッツを大公開

パルシステム おためしセット

妊娠~産後の肌トラブルや便秘、むくみ、育児など、ママには常に悩みがつきもの。実際に私が妊娠・出産を経験して、「これは役に立った!」「産後も使っている!」というグッツを紹介します。マタニティライフを快適なものにする為に、産後の育児を楽しむ為に、参考にしていただけると嬉しいです。

-子育て

© 2021 ハピマタ♡ライフ