未分類

【ママの悩み】おっぱいが張って痛い!どうすれば治る?対策方法は?

おっぱいが張って痛いけど、どうすればいい?
母乳が十分に作られてる証拠!解決方法を教えるね!

おっぱいが張りすぎると、痛くて大変ですよね。

出産後は、赤ちゃんの飲む量も少なく、乳管が十分に開いてないため張って痛くなる事があります。

そんな新人ママのために、解決方法を教えます!

おっぱいの張りを治すには?

左右交互に同じ量あげましょう

片方のおっぱいの張りが楽になるまであげるのではなく、両方同じ時間あげるようにしましょう。

「右乳を5分、左乳を5分」とこのように分けてあげるのが効果的です。

赤ちゃんの抱っこの向きを変えて授乳する

縦向き

いつもは縦向きにあげてる場合、横向きに変えてみると、いつもと違った乳管が刺激されて、つまりの解消にもなります。

横向きで上げてる場合は、縦向きにしてあげてみてください。

おっぱい飲んでる時にマッサージ

硬くしこりになってる部分を指でほぐしながら吸ってもらうと、しこりが取れてきます。

赤ちゃんに飲んで貰ってる時にマッサージをするのがポイントです。

乳首やデリケートゾーンが黒ずむけど大丈夫?

産後に薄くなるので安心してください。

妊娠すると身体にさまざまな変化が起こります。
妊娠により、ホルモンが増加する事で起きている身体の変化です。

乳首やデリケートゾーンだけでなく、皮膚の黒ずみが目立つようになります。

病気などではありませんのでご安心ください。

本当に買って良かった!妊娠から出産後も使えるお役立ちグッツを大公開

パルシステム おためしセット

妊娠~産後の肌トラブルや便秘、むくみ、育児など、ママには常に悩みがつきもの。実際に私が妊娠・出産を経験して、「これは役に立った!」「産後も使っている!」というグッツを紹介します。マタニティライフを快適なものにする為に、産後の育児を楽しむ為に、参考にしていただけると嬉しいです。

-未分類

© 2021 ハピマタ♡ライフ