アイテム

【防災対策】防災時に赤ちゃんを守る!どんな物を蓄え・準備しておけば安心?

赤ちゃんがいる家庭は、自然災害に向けてどんな備蓄したらいいの?
非常時のためのバックの中身を解説付きで紹介するよ!

赤ちゃんがいる家庭向けに書いている記事になります。

赤ちゃんのための備蓄「7日分を目安に蓄えよう」

①水(軟水)

赤ちゃん用の水は、軟水を選びましょう!

海外のお水は硬水が多いので、国内の物が軟水が多いです。

注意ポイント

赤ちゃんが硬水を飲むと、肝臓に負荷がかかります。
胃腸の調子が悪くなる可能性があります。

②ミルク

備蓄用には大缶があると安心です。

とくにアレルギー治療用のミルクを使用している赤ちゃんは、多く備蓄しておいてください。

災害時、粉ミルクが手に入りますが、アレルギー治療用は手に入りにくいです。

③ベビーフード

レトルトタイプがオススメです。

普段食べている物を用意しておくと安心です。

今の月齢より、少し先の物を用意しておくと安心です。
併せてプラスチックスプーンや使い捨てのお皿もあると便利です。

④紙おむつ

月齢に関係なく、Lサイズを用意すると安心できます。

吸収面積が広いので、すぐにおむつを交換できない場面に役立ちます。

もし、枚数が少ないなら前後を入れ替えて2回使う事も!

圧縮袋に入れて圧縮しておくと、バッグの中がスッキリします。

⑤哺乳瓶

割れる恐れがあるので、軽量のプラスチックタイプを購入しましょう。

大きさは、なるべく大きい方が使いやすいです。

⑥おしりふき

赤ちゃんのお尻を拭く以外にも、身体を拭く事が出来ます。

お尻以外を拭くにも使えます。

⑦バスタオル

赤ちゃんの布団にも使えます。

寒ければ、包んで寒さ対策にもなるのであると便利です。

⑧使い捨てカイロ

使い捨てカイロは防寒だけの為だと思ってますか?

夏場も使います。

哺乳瓶をカイロと一緒にタオルで包むと40度近くまで温められます。

赤ちゃん用のお湯を用意できない時に、必ず使う物になります。

⑨肌着

赤ちゃんはすぐに大きくなるので、数ヵ月ごとに入れ替えておきましょう。

少し大きいくらいがベストです。

⑩レジ袋

おむつを捨てたり、切れば赤ちゃん用のエプロンにもなります。

色々な用途で使えるので多めにあるとベストです。

代用できる方法をご紹介!

おむつが無い時「簡易おむつ」作り方

紙おむつが無くなった時「非常時」に作ってください。

多めに持ってきたビニール袋が役に立ちます。

お風呂に入れない時、デリケートゾーンだけでも

災害時、長くお風呂に入れない期間が出るかもしれません。

デリケートゾーンの「かぶれ・感染症」の恐れがあります。

ミルクがない時の代用

これは、非常時以外与えないでください。やむを得ない手段です。

【5%砂糖水】
スティックシュガーがあれば、すぐに作る事が出来ます。
100ccの白湯に5gの砂糖を溶かして、スプーンで与えます。

与える量は、1回につき20~40cc程度を目安に。

いつ災害が起こるか分からないからこそ

事前に用意しておく事が大切です。

大人は何とか過ごす事が出来ても、赤ちゃんは「パパ・ママ」がいないと何も出来ません。

事前に用意しておかなければ、災害時に赤ちゃん用品を手に入れる事が出来ないかもしれません。

本当に買って良かった!妊娠から出産後も使えるお役立ちグッツを大公開

パルシステム おためしセット

妊娠~産後の肌トラブルや便秘、むくみ、育児など、ママには常に悩みがつきもの。実際に私が妊娠・出産を経験して、「これは役に立った!」「産後も使っている!」というグッツを紹介します。マタニティライフを快適なものにする為に、産後の育児を楽しむ為に、参考にしていただけると嬉しいです。

-アイテム

© 2021 ハピマタ♡ライフ