子育て

わが子はいつハイハイする?成長過程で分かるハイハイのタイミング!

赤ちゃんがハイハイするまでを「月齢」で分かりやすく画像付きで説明します!

「寝返りをまだしない」「ハイハイの練習は必要?」など、ママパパの質問にも分かりやすく回答します。

画像で見る、ハイハイまでの過程

①【生後3ヵ月~】首が座る

縦向きで抱っこをして、頭がぐらぐらしなければ、首すわりが出来ています。

他の確認方法も紹介します。

仰向けに赤ちゃんを寝かせます。
両腕を持ちながら引き上げ、送れずに首がついてきたら首座り出来ています。

※首が座ってない可能性があるので、ゆっくりと無理せず行ってください

②【生後4~6ヵ月】寝返りを打つ

仰向けの状態からうつ伏せになる
逆に、うつ伏せから仰向けになります。

最初は得意不得意があるので、片方だけしか出来ない子が多いです。

片方出来たらすぐに両方寝返りが出来るようになります。

③【生後5~7ヵ月】おすわり

両手を前に付いたお座りから始まります。
「パパ・ママ」の協力が必要です。

そのうち手を使わずに、背筋が伸びて自然と座れるようになります。

ポイント

寝返りより先に座れるようになる子もいます。
②③は逆になる場合があるので、赤ちゃんによって異なります

④【生後5~7ヵ月】ずりばい

うつ伏せ状態で、お腹と足を床につけて進むようになります。

最初は進み方が分からず、もがいてるように動きますがそのうちコツを掴みます。

疲れるとその場に「ぐで~」と寝る子もいるので、いい運動になっています。

ずりばいとは、ほふく前進とほぼ同じです。

赤ちゃんがようやく自分で好きな所に行けるようになる手段を手に入れた瞬間です!

注意ポイント

自分で好きな所に行けるようになるので、色々と注意して見てあげる必要があります。

勝手に行かないように、ベビーサークルの中で行わせる方が多いです。

⑤【生後7~10ヵ月】ハイハイ

ずりばいが慣れてくると、ハイハイを始めます。
ずりばいの時とは違い、スピードが速いです。

目を離すと遠くにいる事も…

自分で動けるようになると今まで以上に危険がたくさん。

「パパ・ママ」は目を離さず赤ちゃんを見てあげていてください。

ハイハイの練習方法は?どうやればいい?

実際に見せるのが一番「パパ・ママ」

パパ・ママがハイハイを実際に見せてあげましょう!

7~10ヶ月頃になると、赤ちゃんは色々なものに興味を持ちます。

パパ・ママがしてる事は、普段目に入る物の中でも一番興味があります。
実際にやって見せる事で、赤ちゃんにいい刺激になります。

嫌な顔をせず、赤ちゃんの顔を見ながら楽しそうにハイハイをしてみましょう!

おもちゃを置いて興味を持たせる

赤ちゃんの進行方向におもちゃを置いてあげてください。

「遊びたいけど、届かない」と思い、自然と近づくように刺激されます。

遊ぶために自然と身体が動き、いつの間にかハイハイが出来るように。

無理にハイハイの練習はする必要ない

赤ちゃんは日々、身体が成長しています。

まだ筋力が足りてなかったり、感覚を掴めていないだけの場合が多いです。

毎日の運動で赤ちゃんは筋力が付いています。

1回ハイハイが出来れば、そのあとはコツを掴んでずっとハイハイをして歩きます。

本当に買って良かった!妊娠から出産後も使えるお役立ちグッツを大公開

パルシステム おためしセット

妊娠~産後の肌トラブルや便秘、むくみ、育児など、ママには常に悩みがつきもの。実際に私が妊娠・出産を経験して、「これは役に立った!」「産後も使っている!」というグッツを紹介します。マタニティライフを快適なものにする為に、産後の育児を楽しむ為に、参考にしていただけると嬉しいです。

-子育て

© 2021 ハピマタ♡ライフ