未分類

生後1ヵ月までは「入浴」ではなく「沐浴」にする!違いと注意点を紹介

新生児(生後28日目まで)は沐浴にしましょう!
入浴は生後一ヶ月以降で、先生が許可を出してからです!

沐浴と入浴の違いはなに?
まず先に、沐浴と入浴の違いを説明するね!

「入浴」と「沐浴」の違いは?

沐浴(もくよく)とは?


赤ちゃん用のお風呂(おけ)でお風呂に入れる事を、沐浴(もくよく)と言います。

生後一ヶ月ごろまでの赤ちゃんは、大人と同じお風呂に入れてはいけません。
理由としては、細菌感染から赤ちゃんを守る事です!

いくら新しいお湯を入れても、細菌が発生するので大人の湯舟とは別にしてください。
赤ちゃん専用のベビーバスを準備してお風呂に入れてあげるのがベターです。

入浴とは?

大人と一緒の湯舟に入って身体を洗うのが、入浴です。

入浴に切り替えるタイミングは、一ヶ月健診で先生に許可を取ってから、切り替えるようにしましょう。

沐浴・入浴はどのくらいの頻度ですればいいの?

毎日入れてあげてください。

赤ちゃんの肌は新陳代謝がいいので、目に見えなくても汗と皮脂が分泌されています。

あと、うんちとおしっこでお尻が汚れてる事が多いので、敏感な肌を清潔に保ってあげるのが目的です。

ポイント

夏場など汗ばむ季節であれば、1日2~3回入れるママも多いです。

1日1回と決まりはなく、赤ちゃんの様子を見ながら入れてあげましょう。

沐浴・入浴はどのタイミングでするのがベスト?

お風呂に入れる時間は、毎日同じ時間にあげるようにしてください。

生活リズムを作ってあげる事で、赤ちゃんも生活リズムが整ってきます。
無理にリズムを作る必要はありませんので、ママ・赤ちゃんの気分を優先して問題ありません。

いざお風呂タイム!用意と注意事項は?

沐浴の場所は?

赤ちゃんが寒くない場所で行ってください。

冬はお風呂場は寒くなる事が多いので、エアコンが効いてるリビングで沐浴するママも多いです。

ベビーバスの下に防水用のシートを引いて、リビングで沐浴しても大丈夫です。

沐浴にかける温度は?

お湯の温度は38度くらいがベストです。

温度の測り方は、湯温計で測るのもいいですがもっとオススメな物があります!
私は、非接触型の体温計を使ってお湯の温度も測りました!
体温以外にも、ミルクや湯舟の温度を測る事が出来る優れもの!

下記記事で紹介しているので、是非見てください!

沐浴にかける時間は?

赤ちゃんの体温は高いので、長くても10分にしてあげてください。

大人とは違い、すぐにのぼせてしまいます。
体力も少ないので、短めにしてください。

お風呂の入れ方・洗い方!

まだ首が座ってない赤ちゃんのお風呂は大変!

出来れば「パパ・ママ」二人で入れてあげるのがベストです!
一人で入れる事も出来るので、下記を読んで参考にしてください。

①赤ちゃんをベビーバスに入れる
首とおしりを両手で支えながら、足からそっと入れてあげてください。
ママは、「利き手は洗う手」「逆の手で首(頭)」を支えてあげましょう。

注意ポイント

耳にお湯が入らないように気を付けてあげてください。
心配であれば、赤ちゃん用の耳カバーが販売されているので購入しましょう。

②洗い方は「顔→頭→身体」の順番がベスト
顔はガーゼなどの柔らかい布を濡らして、優しく拭いてあげましょう。
赤ちゃんの肌は敏感なので、絶対にこすらないでください。

次にガーゼに石鹸を付けて、手に力を入れずに回すように(クルクル)して優しく洗います。
忘れがちな耳の後ろもきっちり洗ってあげましょう。

優しく手にお湯を取って流してあげれば大丈夫です。

身体はガーゼを使わずにママの手に泡を付けて洗ってあげれば大丈夫です。
お尻や股間は、汚れが溜まりやすいのでよく洗ってあげましょう。

洗い終わったらベビーバスに浸けて、身体全体の泡を落としてあげてください。

最後に洗面器に入れた新しいお湯で流してあげれば沐浴は完了です!

沐浴にも注意点はたくさんある!

  • 赤ちゃんが泡を食べたり、飲んだりしないように注意
  • 首が座ってないから、きちんと支えてあげる
  • 耳に水が入らないように注意する
    (入ってしまったら、奥まで入れずに手前を綿棒で優しくとってあげる)

生後一ヶ月で先生に許可が出たら「パパ・ママ」と一緒にお風呂

先生の許可が出たら、初めて一緒にお風呂に入る事が出来ます。

入浴方法・準備する物は沐浴と変わりますので、下記記事をお読みください!

本当に買って良かった!妊娠から出産後も使えるお役立ちグッツを大公開

パルシステム おためしセット

妊娠~産後の肌トラブルや便秘、むくみ、育児など、ママには常に悩みがつきもの。実際に私が妊娠・出産を経験して、「これは役に立った!」「産後も使っている!」というグッツを紹介します。マタニティライフを快適なものにする為に、産後の育児を楽しむ為に、参考にしていただけると嬉しいです。

-未分類

© 2021 ハピマタ♡ライフ