妊娠1ヵ月 妊娠2ヵ月 妊娠初期(0~15週)(0~4ヵ月)

生後一ヶ月になったら「パパ・ママ」と一緒にお風呂!洗い方は?準備するものは?

生後一ヶ月以降は、「パパ・ママ」と一緒にお風呂に入れます!
お風呂に入れ方、準備するもの、危険なポイントをご紹介します!

まずはお風呂に入れる前に準備が必要!

★お湯の温度は38度が目安
夏場は38度/冬場は40度が丁度いいです。

お湯をためるポイント

湯舟の蓋を閉めた状態でお湯をためると、バスルームが寒いままです。
大人であれば、なるべく暖かいお湯に入りたい所ですが…

赤ちゃんが冷えるのを防ぐためにも、上記でお風呂場全体の温度を上げておきましょう!

★タオル・着替えは予め出しておく
お風呂上りは身体が冷えます。
赤ちゃんを拭いてあげたら、すぐに洋服を着せてあげましょう。

お風呂の入れ方・洗い方!

洗い方は「顔→頭→身体」の順番がベスト
顔はガーゼなどの柔らかい布を濡らして、優しく拭いてあげましょう。
赤ちゃんの肌は敏感なので、絶対にこすらないでください。

次にガーゼに石鹸を付けて、手に力を入れずに回すように(クルクル)して優しく洗います。
忘れがちな耳の後ろもきっちり洗ってあげましょう。

優しく手にお湯を取って流してあげれば大丈夫です。

身体はガーゼを使わずにママの手に泡を付けて洗ってあげれば大丈夫です。
お尻や股間は、汚れが溜まりやすいのでよく洗ってあげましょう。

浴槽用マットが大活躍

滑って怪我をするのを防ぐために、浴槽用マットを使うのがオススメ!

絵柄がたくさんあるので、探すのも楽しい!

滑り防止の他に、足元からの冷えを抑えてくれます。

子供だけでなく、あると大人も便利だと感じます!

お風呂上りのお手入れが大切!「保湿」の方法

お風呂上りの保湿がとても大切です。
アトピー性皮膚炎のが発症するかどうか、影響してきます。

★保湿するタイミングは?
入浴5分後が効果が良いです。

赤ちゃんを拭いたり、服を着せてあげると丁度そのくらいの時間になります。

★どれくらいの量を塗ればいい?
肌が光るくらいが丁度いいです。目安としては、ティッシュペーパーがくっつくくらい塗ってください。

★塗る場所は?
顔や腕、お尻など全身に塗ってあげてください。

★年中塗る必要があるの?乾燥する時だけ?
1年中ケアしてあげる事が大切です。
冬などの乾燥する季節は、付ける量を夏よりも多くする事で対応する事が出来ます。

保湿はちゃんと身体を洗ってから!

赤ちゃんのお肌ケアの前に、必ずお風呂に入れて綺麗にしてからしてあげてください。

赤ちゃんは大人よりも汗をかくので、綺麗にする必要があります。

「パパ・ママ」によっては夏場に、合計2~3回入れてあげる家庭もあります。
※無理に増やす必要はなく、最低1日1回は入れましょう

お風呂が多い事は悪い事ではありません。

赤ちゃんの肌は敏感なので、少し汚れたまま放置すると、
その都度、赤ちゃんの保湿を忘れずに行ってください!

本当に買って良かった!妊娠から出産後も使えるお役立ちグッツを大公開

パルシステム おためしセット

妊娠~産後の肌トラブルや便秘、むくみ、育児など、ママには常に悩みがつきもの。実際に私が妊娠・出産を経験して、「これは役に立った!」「産後も使っている!」というグッツを紹介します。マタニティライフを快適なものにする為に、産後の育児を楽しむ為に、参考にしていただけると嬉しいです。

-妊娠1ヵ月, 妊娠2ヵ月, 妊娠初期(0~15週)(0~4ヵ月)

© 2021 ハピマタ♡ライフ