妊娠1ヵ月 妊娠2ヵ月 妊娠初期(0~15週)(0~4ヵ月) 妊娠期・月齢から探す 悩み・興味から探す

赤ちゃんのスキンケアはいつから?0歳から始めるとアトピー性皮膚炎予防になる!

赤ちゃんのスキンケアは、生まれてすぐやり始めるものです!

赤ちゃんはスキンケアをすると、アトピー性皮膚炎の予防になる!
スキンケアをするタイミングや方法、オススメの商品をご紹介します!

赤ちゃんのお肌を知っておこう

赤ちゃんの皮膚は、大人の皮膚の半分くらいしかありません。

その中でも「表皮」という部分が薄いため、刺激や乾燥の影響をとても受けやすいです。

ポイント

よだれ、汗をよく拭くと思います。

それによって赤ちゃんの皮膚は、摩擦で刺激されて機能がより低下してます。

「表皮」が薄くて守れない(バリア)

赤ちゃんの肌は、バリア機能がまだ未発達になります。

なので皮膚が傷つきやすく、細菌やウイルスがバリアを破って侵入してきやすくなっています。

そうすると、アトピー性皮膚炎などになります。

そのバリア機能を補う為に、赤ちゃんもスキンケアが必要になります!

スキンケアはこの3工程が大切!

赤ちゃんのスキンケアは、全身に行ってあげるのが基本です。

保湿→日焼け止め→洗浄(お風呂)の3工程が大切です。

大切な3工程

日焼け止めで紫外線をガードお風呂で綺麗に流す スキンケア(保湿)

日焼け止めで紫外線をガード

紫外線はバリア機能を低下させます。

紫外線は夏だけだと思っていませんか?
年中紫外線が出ているので、外に出る時は毎日必要となります。

お風呂で綺麗に流す

赤ちゃんは汗をかき、よだれで汚れます。

おむつを履いているので、おしっこやうんちで汚れています。

石鹸で洗うのは1日1回にしないと、皮脂まで洗ってしまいバリア機能が失われます。

スキンケア(保湿)

赤ちゃんがお風呂から出たら、すぐにタオルで優しく拭いてあげましょう。
時間が経つにつれ、肌の水分まで一緒に蒸発してしまい、より乾燥しやすくなります。

お風呂上りのお手入れが大切!「保湿」の方法

お風呂上りの保湿がとても大切です。
アトピー性皮膚炎のが発症するかどうか、影響してきます。

★保湿するタイミングは?
入浴5分後が効果が良いです。

赤ちゃんを拭いたり、服を着せてあげると丁度そのくらいの時間になります。

★どれくらいの量を塗ればいい?
肌が光るくらいが丁度いいです。目安としては、ティッシュペーパーがくっつくくらい塗ってください。

★塗る場所は?
顔や腕、お尻など全身に塗ってあげてください。

★年中塗る必要があるの?乾燥する時だけ?
1年中ケアしてあげる事が大切です。
冬などの乾燥する季節は、付ける量を夏よりも多くする事で対応する事が出来ます。

オススメの保湿剤は?使い方は?

ママ&キッズ(ママアンドキッズ)
ベビーミルキークリームがオススメです!

しっとり・潤うのに、ベタベタしない!ガサガサほっぺプルプルほっぺに!

全国180ヶ所の病院も使っている商品です。

赤ちゃんの肌に必要のない成分はカットし、新生児用に作られたクリーム!
各種テストにも合格してる全員にオススメ出来るクリームです!

■各種テストクリア!
・新生児・乳幼児連用テスト済み
・皮膚アレルギーテスト済み
・食物アレルギーテスト済み
・放射能測定実施済み

成分について
●無香料  ●無着色  ●弱酸性 ●低刺激  ●パラベン無添加  ●アルコール(エタノール)無添加 ●鉱物油無添加  ●石油系界面活性剤無添加

使い方

しっかり保湿することで、アトピー性皮膚炎を予防できる!

アトピー性皮膚炎は、乾燥したりタオルで強く擦る事で「皮膚バリア」が低下して起こる事が多いです。

皮膚バリアを強くするためにも、綺麗にお風呂で洗ってあげてから、正しいスキンケアが大切です。

洗う時や拭く時に優しくしてあげるのもポイントです。

生まれたばかりの赤ちゃんだからこそ、しっかり保湿してあげましょう!

本当に買って良かった!妊娠から出産後も使えるお役立ちグッツを大公開

パルシステム おためしセット

妊娠~産後の肌トラブルや便秘、むくみ、育児など、ママには常に悩みがつきもの。実際に私が妊娠・出産を経験して、「これは役に立った!」「産後も使っている!」というグッツを紹介します。マタニティライフを快適なものにする為に、産後の育児を楽しむ為に、参考にしていただけると嬉しいです。

-妊娠1ヵ月, 妊娠2ヵ月, 妊娠初期(0~15週)(0~4ヵ月), 妊娠期・月齢から探す, 悩み・興味から探す

© 2021 ハピマタ♡ライフ