よくある疑問 パパの育児

妊娠中のお酒とたばこについて

赤ちゃんの為に、たばこ・お酒は妊娠中・授乳中は辞めましょう。

たばこがもたらす害

たばこにはニコチンや一酸化炭素など、有害な物質が多く含まれています。ニコチンは血管を収縮させ、一酸化炭素は酸素の運搬をさまたげ、胎児を低酸素状態にしてしまいます。その結果、赤ちゃんが低出生体重児になる可能性が高くなります。また、切迫早産、前期破水、常位胎盤早期剥離を起こしやすくし、胎児の発育に悪影響を与えます。乳幼児突然死症候群と関係することも知られています。

周囲の人も気にかけて

妊婦自身の禁煙はもちろんですが、周囲の人も妊産婦のそばで喫煙してはいけません。

出産後の喫煙

出産後に喫煙を再開する人もいますが、たばこは母乳の分泌に影響を与え、受動喫煙で赤ちゃんが呼吸器の病気を起こしやすくなったり、乳幼児突然死症候群の危険が高くなります。ママ自身、そして赤ちゃんの為にもたばこは控えた方が良いでしょう。もちろん周囲の人も赤ちゃんのそばで喫煙してはいけません。

妊娠 妊婦 たばこ 喫煙 お酒 アルコール

お酒がもたらす害

アルコールは胎盤を通過しやすく、妊娠中の習慣的な飲酒は流産や早産、さらに胎児の発育(特に脳)に悪影響を与えます。妊娠中は全期間を通じて飲酒はやめましょう。

授乳中の飲酒も、美乳の分泌に影響を与えます。また、アルコールは母乳を通じて赤ちゃんに移行します。出産後も、授乳中は飲酒を控えましょう。

本当に買って良かった!妊娠から出産後も使えるお役立ちグッツを大公開

パルシステム おためしセット

妊娠~産後の肌トラブルや便秘、むくみ、育児など、ママには常に悩みがつきもの。実際に私が妊娠・出産を経験して、「これは役に立った!」「産後も使っている!」というグッツを紹介します。マタニティライフを快適なものにする為に、産後の育児を楽しむ為に、参考にしていただけると嬉しいです。

-よくある疑問, パパの育児

© 2021 ハピマタ♡ライフ