妊娠3ヵ月 妊娠初期(0~15週)(0~4ヵ月)

妊娠3ヵ月(8~11週)の診察内容とこの時期に気を付ける事

胎盤が成長するにつれて、つわりがひどくなり、精神的にも不安定になりがちです。

便秘や頻尿になる場合もあるよ。

また流産の危険性があるので、兆候(出血・下腹部痛)を見逃さないようにしましょう。

妊娠3ヵ月の診察内容

[su_list icon="icon: check" icon_color="#FF69B4"]

  • 問診
  • 内診
  • 尿検査
  • 超音波検査
  • 血圧測定
  • 体重測定

[/su_list]

【妊娠初期検査】

[su_list icon="icon: check" icon_color="#FF69B4"]

  • 血液検査
  • 貧血検査
  • 血糖検査
  • 血液型検査
  • 不規則性抗体検査
  • B型肺炎ウイルス検査
  • C型肺炎ウイルス検査
  • エイズ検査
  • 風疹抗体検査
  • 麻疹抗体検査
  • 水痘抗体検査
  • 梅毒検査
  • HTLV-1抗体検査
  • 膣分泌物検査
  • クラミジア抗原検査
  • 細菌培養検査
  • 子宮頸がん検査

[/su_list]

注意したい事

[su_list icon="icon: check" icon_color="#FF69B4"]

  • レントゲン撮影
  • ビタミンAの摂りすぎ
  • 過労
  • 薬の服用
  • 過激な動作

[/su_list]

切迫流産に注意しよう

胎盤が完成していないこの時期は、流産の危険性があります。とくに10週までは慎重に行動しましょう。流産にはさまざまな原因があります。胎児や子宮に異常がある場合はやむをえませんが、妊娠中の無理や不注意での流産は極力避けたいですよね。

日常生活では過激な動作を控えて、疲労を溜めないようにしましょう。

本当に買って良かった!妊娠から出産後も使えるお役立ちグッツを大公開

パルシステム おためしセット

妊娠~産後の肌トラブルや便秘、むくみ、育児など、ママには常に悩みがつきもの。実際に私が妊娠・出産を経験して、「これは役に立った!」「産後も使っている!」というグッツを紹介します。マタニティライフを快適なものにする為に、産後の育児を楽しむ為に、参考にしていただけると嬉しいです。

-妊娠3ヵ月, 妊娠初期(0~15週)(0~4ヵ月)

© 2021 ハピマタ♡ライフ