よくある疑問 妊娠中期(16~27週)(5~7ヵ月)

妊娠中でも歯医者に行って大丈夫!赤ちゃんに影響はある?

妊娠中だけど、赤ちゃんに影響はないの?
基本的にはOK!注意点を説明していくね!

妊娠中でも虫歯治療はできる

まず、予約をする前に歯医者に妊娠している事を伝えましょう。

何も言わずに普段通り治療は受けないでください。

当日「妊婦です」と言われても歯医者側も困ります。

歯医者に限らず、何事も「自分が妊婦である事」を伝える事がベストです!

どんな虫歯治療ができる?

[su_list icon="icon: check" icon_color="#FF69B4"]

  • 歯を削って詰め物をする治療
  • 神経を抜く治療
  • 抜歯をする治療
  • 歯肉炎の治療

[/su_list]

赤ちゃんに影響はないの?

  • 麻酔による影響
    虫歯治療で使われる麻酔は急所麻酔といって、胎盤などを通じて赤ちゃんに麻酔薬が届くことはありません。
  • レントゲンによる影響
    レントゲン撮影をする時は被爆を避けるための専用エプロンを胴体に着用します。また撮影も口部分に限定しているので、影響は最小限に出来るため、赤ちゃんに影響はありません。
  • 鎮痛剤の赤ちゃんへの影響
    治療後、痛み止めを処方される場合がありますが、妊娠中でも飲むことが出来る安全な鎮痛剤が処方されるので心配はありません。

妊娠何週目から治療が出来る?

治療は妊娠中期がおすすめです。

妊娠中は体調の変化がよくあります。特に妊娠初期はつわりで気分が悪くなりやすいし、妊娠後期はお腹が大きくなって母体に負担がかかる時期なので、安定期の妊娠5ヵ月~7ヵ月(16~27週)が治療に適した時期となります。安定期なら、治療をしても胎児に影響が出にくいとされています。

なぜ妊娠中に口内トラブルが起きやすいのか

妊娠初期のつわりの時期は、口内環境が悪くなりやすい時期なのです。歯磨き自体が吐き気を催すものとなるので、十分に歯垢を落としきれずに歯磨きを終えてしまうからです。

また、つわりが原因で吐くことによって口内が酸性に傾いてしまうのも虫歯を作る原因とされています。

普段は10分くらい歯磨きをする私も、つわりの時期は本当に歯磨きがしんどかったです。何度も嗚咽しそうになりました。びっくりしたのが、歯磨き粉が気持ち悪いと思ってしまったところ。なのでその時期は何も付けずに、出来るときに歯磨きをしていました。

赤ちゃんの為にも、妊娠中に歯のトラブルは解決しておこう

妊娠中に治療をしておくことが大事な理由として、出産後の赤ちゃんへの母子感染があります。新生児の口の中には虫歯菌はほぼゼロ。虫歯ができるきっかけは食器などの共有で母親から虫歯菌をもらってしまう事だといわれます。

虫歯治療はママの為でも赤ちゃんの為でもあるのです

本当に買って良かった!妊娠から出産後も使えるお役立ちグッツを大公開

パルシステム おためしセット

妊娠~産後の肌トラブルや便秘、むくみ、育児など、ママには常に悩みがつきもの。実際に私が妊娠・出産を経験して、「これは役に立った!」「産後も使っている!」というグッツを紹介します。マタニティライフを快適なものにする為に、産後の育児を楽しむ為に、参考にしていただけると嬉しいです。

-よくある疑問, 妊娠中期(16~27週)(5~7ヵ月)

© 2021 ハピマタ♡ライフ