出産

出産時、呼吸法で痛みが和らぐ!出産前に練習しておこう!

出産時はどう呼吸すればいいの?
よく聞く「ヒー・フー」以外にもあるんだよ!

呼吸法は陣痛に合わせて行うのが理想です。

「ヒー・フー」が一般的になってますが、間違いではありません。

今回は、陣痛に合わせた呼吸法を紹介していきます!

まだ陣痛が弱い時の呼吸法

陣痛が始まったら深呼吸をして、気持ちを落ち着かせます。

3拍子のリズムをゆっくりとって、「ヒー・フー」と息を吐きます。
子宮の収縮が収まってきたら、再度深呼吸をして、リラックスします。

陣痛がまだ弱い段階は、この呼吸法を使います。

陣痛が痛くなってきた時の呼吸法

少しずつ陣痛が強くなってきます。

鼻から息を吸って、口から吐き出します。

「ヒッ・ヒッ・フー」

「ヒッ」は短く息を吐きます。
「フー」は長めに吐き出し、リラックスしましょう。
いきまず、いきみを逃がすイメージです。

子宮が全開生まれる時

出産 いきみ 呼吸

この時は痛みを我慢する事でいっぱいいっぱいです。

スタッフの方が「いきんで!」と言ったら、

「フー・ウン!」と思いっきりいきみます。

赤ちゃんの頭が出てきたら、全身の力を抜きます。

「フーフー」と深く息を吐きましょう。

一回のいきみで出てこなかった場合は、次の波がくるまで力を抜き、「ハッハッハッ」と息を吐き続けてください。

この時はリラックスが一番大切!

いきむ時・リラックスする時を理解する

スタッフの指示でいきむ時は、いきむ!

フーと息を吐くときは、リラックスを心がけます。

リラックスする事で、賛同が緩み赤ちゃんが自然に降りてきます。

本当に買って良かった!妊娠から出産後も使えるお役立ちグッツを大公開

パルシステム おためしセット

妊娠~産後の肌トラブルや便秘、むくみ、育児など、ママには常に悩みがつきもの。実際に私が妊娠・出産を経験して、「これは役に立った!」「産後も使っている!」というグッツを紹介します。マタニティライフを快適なものにする為に、産後の育児を楽しむ為に、参考にしていただけると嬉しいです。

-出産

© 2021 ハピマタ♡ライフ