出産 出産準備

初めて赤ちゃん出産!お産の流れをチェックして事前準備をしよう

陣痛が来てから焦らないように、事前にお産の流れをチェックして、慌てない事が大切です。

夫婦や家族に見て貰っておくと、なお安心です。

この記事を読んでおけば、いつ陣痛が来ても焦らずに、安心してお産に臨む事が出来ます。

流れ

①事前準備
②陣痛が来たかな?のサイン
③いざ病院へ
④陣痛質へ移動
⑤分娩室に移動
⑥出産

①事前準備

陣痛が来る前に事前に準備をしておきましょう!

持ち物リスト

  • お財布
  • 各種充電器
  • ポーチ(ヘアゴム・保湿クリームなど)
  • ウェットティッシュ
  • 歯ブラシセット
  • スキンケア
  • 産褥ショーツ1枚
  • 小さめのタオル1枚
  • パジャマ1セット
  • 母子手帳
  • 健康保険証
  • 診察券
  • 書類
  • 印鑑
  • 常温のお茶・水ペットボトル(ストローで飲むと楽)

事前に上記を準備しておき、玄関などの分かりやすい場所に置いておきましょう!

家族の方に場所を伝えておくと、スムーズです。

②陣痛が来たかな?のサイン

陣痛…生理痛のように下腹部が痛くなってきます。最初は痛みが弱いので陣痛だと気が付かない事が多いです。
徐々に強くなってきて、10分間隔または6回以上その痛みが続いたら病院に連絡をしてください。

注意ポイント

前期破水…おしっこと勘違いされる場合が多いですが、陣痛前に起きる方もいます。
殺菌が入る場合があるので、お風呂やシャワーに入らないでください。
大きめの生理用パッドを当てておくと、いいです。

そしたら焦らずに病院に連絡し、現状を伝えて指示を貰いましょう。

③いざ病院へ

病院に向かいますが、自分で運転しないでください。

もし、自分しかいない場合は病院に事前に相談しておいてください!

基本的に、ご家族の方と病院に向かってください。

④陣痛質へ移動

スタッフの指示に従って準備(身支度)をします。

出産について色々説明されるので、分からない事はここで聞いておきましょう!

⑤分娩室に移動

陣痛が続いて辛い時間です。
ご家族や旦那様にご協力してもらって乗り越えましょう!

初めての出産は、平均で12時間くらいかかります。

少量でいいので、飲み物や食べ物を適度に取ってください。

ご家族の方は、妊婦さんをリラックスできるように心がけます。
マッサージなど行う方は、病院のスタッフに聞いてください!

⑥出産

ベッドの角度など、変更してくれるのでやりやすい角度にしてもらいましょう!

楽な姿勢を助産師の方に伝える事は大切です。

後はスタッフの指示に従って頑張りましょう!

赤ちゃんが誕生後、分娩室で母子一緒にしばらく過ごします。

出産は準備が大切

陣痛がきて病院に行く前に、事前に準備する事が大切です!

陣痛が来て病院に連絡をすると、その後の流れを説明されます。

病院についてからは、スタッフの指示で動く事になるので流れを理解していなくても、安心して出産に向かう事が出来ます。

後は、リラックスする事。

ご家族の方に協力してもらって、出産に向かいましょう!

本当に買って良かった!妊娠から出産後も使えるお役立ちグッツを大公開

パルシステム おためしセット

妊娠~産後の肌トラブルや便秘、むくみ、育児など、ママには常に悩みがつきもの。実際に私が妊娠・出産を経験して、「これは役に立った!」「産後も使っている!」というグッツを紹介します。マタニティライフを快適なものにする為に、産後の育児を楽しむ為に、参考にしていただけると嬉しいです。

-出産, 出産準備

© 2021 ハピマタ♡ライフ