よくある疑問 身体の変化と解決法

妊娠中の便秘対策をご紹介!便秘は赤ちゃんに影響ある?

これまで便秘知らずだった人も、妊娠中は便秘になった!という人がたくさんいます。今現在、便秘で悩んでいる人も多いでしょう。

妊娠中の便秘対策には何が効果的か、紹介していきますね。

なぜ妊婦は便秘になりやすいのか

  1. ホルモンバランスの変化
    プロゲステロンというホルモンの分泌が増加する影響で、腸の働きが低下し、便秘になりやすくなる。
  2. 腸の圧迫
    妊娠週数が進むにつれて、子宮が大きくなり、大腸を圧迫する為、便秘になりやすい。
  3. 腹筋の筋力低下
    妊娠中は体調の変化が頻繁に起きたり、お腹が大きくなり動きづらくなるため、運動不足になりがち。運動不足によって腹筋の筋力が低下すると、便を排出しようとする力が弱まり、便秘になりやすい。

便秘で赤ちゃんに影響はある?

便秘になるとお腹も張るし、お腹の中の赤ちゃんは圧迫されて苦しいんじゃないか?心配になりますね。

赤ちゃんは子宮の中で羊水に浮かんで、外部の衝撃や圧迫から守られているので心配はいりません。

妊娠中の便秘解消法

水分をこまめに摂ろう

妊婦 便秘 対策 水分 水

水分不足は便秘がひどくなる原因の一つでもあります。

水やイオン飲料など、日常生活の中でこまめに摂りましょう。1日1リットル以上が目安です。

特に朝は腸の働きが活発です。朝、起きたらまずはコップ1杯の水を飲む習慣を身につけましょう。

食物繊維を摂ろう

食物繊維の多い食品

  • 穀類
    玄米、麦飯、トウモロコシ等
  • 豆類
    煮豆、納豆、おから等
  • イモ類
    さつまいも、サトイモ、こんにゃく等
  • 野菜
    ごぼう、セロリ、アスパラ、青菜類、キャベツ、白菜等
  • 果物
    柑橘類、バナナ等
  • きのこ類
    しいたけ、しめじ、えのき等
  • 海藻類
    わかめ、寒天、ところてん等
みかんやオレンジなどの柑橘類は、便を柔らかくする働きがあるよ。柑橘類はつわりの時も食べやすいから、おすすめ!

グレープフルーツジュースなどの飲み物でもOKです。

※注意※
りんごは便を硬くするため、便秘気味の際は控えた方が良いです。

乳酸菌やオリゴ糖を摂取しよう

乳酸菌やオリゴ糖は便秘を解消してくれるだけでなく、便秘の予防にも役立つといわれているため、便秘が治った後も継続的に摂取すると再発を防げます。

乳酸菌

  • ヨーグルト

オリゴ糖

  • 大豆、ゴボウ、アスパラガス、タマネギ、トウモロコシ、にんにく、バナナ等

適度な運動を心がけよう

妊婦 便秘 対策 運動 ウォーキング

ウォーキングなどの軽い運動をすると、腸は活発に働きます。マタニティスイミングもおすすめです。お風呂上がりのストレッチも良いでしょう。

病院で薬を処方してもらおう

一通り便秘対策をしてもあまり効果があらわれない場合は、病院で薬を貰いましょう。

妊婦でも飲める便秘薬が処方されます。

薬はちょっと、、と抵抗感もあると思いますが、便秘を続ける方がからだに負担が掛かります。病院で処方されるものであれば安心して飲めますので、一度医師に相談してみましょう。

まとめ

便秘になるということは、赤ちゃんが成長しているという意味でもあります。

我慢や無理は良くありませんが、まずは自分で出来る便秘対策を少しずつ試してみましょう。

本当に買って良かった!妊娠から出産後も使えるお役立ちグッツを大公開

パルシステム おためしセット

妊娠~産後の肌トラブルや便秘、むくみ、育児など、ママには常に悩みがつきもの。実際に私が妊娠・出産を経験して、「これは役に立った!」「産後も使っている!」というグッツを紹介します。マタニティライフを快適なものにする為に、産後の育児を楽しむ為に、参考にしていただけると嬉しいです。

-よくある疑問, 身体の変化と解決法

© 2021 ハピマタ♡ライフ